初めての土地で部屋探しした体験

私は大阪で産まれ大阪で育ったのですが、20歳の頃東京へ上京してきました。

初めての土地で部屋探しした体験

私は大阪で産まれ大阪で育ったのですが

私は大阪で産まれ大阪で育ったのですが、20歳の頃東京へ上京してきました。
住む部屋を探す為に日帰りで東京を訪れたのですが、なにせ初めての土地での初めての部屋探しだったので、本当に不安で怖かったのを覚えています。
まず、前の日の晩に夜行バスで大阪から東京に向かったのですが、部屋探しへの緊張で、バスに乗っている間中一睡も出来ませんでした。
一睡も出来ないまま東京に着き、フラフラの頭で不動産屋を巡ったのですが、不動産屋に入る勇気がなかなか持てないのです。
良いなと思える部屋があるのですが怖くて入る事が出来ず、何時間もぐるぐると店の周りをうろうろしていました。

今から思うと微笑ましい事ですが、当時は本当に怖くて、もう何もせずに大阪に帰っちゃおうかと思っていました。
わざわざ東京まで出てきてこのままおめおめと帰れない、そう思い、目一杯の勇気を振り絞り店の中に入り、部屋探しは成功ました。
初めての土地での部屋探しは大人なつもりでいた当時の私の未熟さを、まざまざと感じさせられました。

結婚してから何度か引越しをしました

結婚してから何度か引越しをしました。
その中で一度だけ、今まで住んだことのない初めての土地で、部屋を探したことがありました。
もちろん引っ越す前に探さなければならないので、いろいろ大変な面もありました。

引越し先の不動産屋さんで親切なところを見つけ、当時はメールという手段もなかったので、候補の部屋をファックスしてもらっていました。
部屋の間取りや収納などは、図を見ればわかりますが、問題はまわりの環境です。
そこで、住所と図だけで候補を3つに絞り、実際に見せてもらうことにしました。

といっても引っ越し前なので、そちらに車で出向いてですから、かなり時間もエネルギーも使ったことを覚えています。不動産屋さんが一緒に行って説明してくれたので、その点は助かりました。

初めての土地で土地勘もなく大変でしたが、幸い、その日に見た3物件のうちから選ぶことができました。
結果的にもいい選択ができて、よかったと思っています。